うぬぼれワルツ

 長い間、更新が停滞しまして、すみません。名古屋から帰ってきて、またすぐに仕事で大阪に行っておりました。夏風邪も治らぬまま。いまだツバを飲み込んだら、喉にチクッと痛みが。風邪じゃないのかな。

 東京に帰ってきたら、我がホームベース高円寺に、新たに居酒屋ができていた。その居酒屋の玄関に掲げられていた札がコレ。

a0037241_132955.jpg


 『うぬぼれ中』。どうやら営業中という意味らしい。なぜに営業中が、うぬぼれ? よほど味に自信があるのだろう。居酒屋だらけの高円寺のなかで、新参店でもトップ人気になってやるという予告ホームラン? あまり自己過信して「うぬぼれ大」にならぬように。

 うぬぼれといえば、思いだすのが水仙にまつわるギリシャ神話。

 美青年ナルキサスは、多くの乙女たちに愛されたが、自分から人を愛することはなかった。そんなナルキサスが、生まれて初めて人を好きになった。それは湖に映った自分の姿。自分で自分を好きになってしまったナルキサスは、愛を告白することができず(なんせ好きになった相手が自分なので)、悶え苦しみ、死に至った。その亡骸は、やがて一輪の水仙に姿を変えた。

 ゆえに水仙の花言葉は「うぬぼれ」。そして自己愛の強い人はナルシストと呼ばれるようになった。

 僕は大阪に出張していたので、この店のオープン当時の様子を知らない。が、きっと開店記念の花は水仙だったろう(吉村智樹

 『吉村智樹の街がいさがし』(オークラ出版)

a0037241_22425399.jpg


 ブログ未発表コラム&未発表写真もたっぷり200連発! みうらじゅんさんとの対談、パラパラ漫画もついて、たったの880円! 『吉村智樹の街がいさがし』(オークラ出版)。全国の書店・一部セブンイレブン、ポプラ(関西)にて発売。またAmazonにて購入できます

■日記ブログ連日更新 exciteブログ『吉村智樹の原宿キッス』→ここをクリック
[PR]

by yoshimuratomoki | 2005-07-08 13:04