オクトパス・ガーデン

 おとついと昨日の気温差が10度って……。もう寒くて寒くて、いったんしまった長袖シャツをまた引っ張り出してしまいました。夏バテって暑いからじゃなく、急激な気温差でなるんだよな。身体、ついてかないです。もうばてばて、ばってん荒川状態(意味不明)。皆さん、お変わりないですか?

 先週は4日間、大阪におりました。大阪出張時に撮った写真があがってきたので(デジカメ全盛のこのご時世に、僕はいまだにフィルムプリントなのです)、今日からぼち×2アップしてきます。

 大阪で久々にイラストレーターのせろりあんさんに会った。彼女が「面白い名前の店がある」というので、わざわざ車で連れていってくださった。せろりあんさん、ありがとう。土砂降りのなか、運転させてしまって、ごめんなさいね。

 その店が、コレだ。

a0037241_1365460.jpg


 『たこやき水族館』。これは京阪交野線『河内森』駅前で撮ったもの。たこ焼きが水槽のなかで、ぷかぷか。ふやけてしまうがな

 さて、今週末から三連休。このプチ夏休み、暑気払いに水族館へ出かけるのもアリ(アクアリウムの略)なんじゃないでしょうか。というわけで、タコのいる水族館を調べてみた。

・横浜中華街にある『よしもとおもしろ水族館』(吉本興業プロデュースの水族館)では、タコが自ら瓶の蓋を開けて餌を摂るショーがある。ほかにも73ある水槽のすべてが、なんらかのネタになっているそうだ。おもしろそう。僕はタコ→吉本とくると、ついぴのっきをを思いだしてしまう世代。

・静岡県沼津の『あわしまマリンパーク』の水族館には、深海で発見された、いまだ学名記載のないタコがいるそうだ。我が輩はタコである。名前はまだない。そんな感じ。せっかくなら公募すればいいのに。愛称はまだしも学名の公募はだめなのかな?

・秋田県の『男鹿水族館GAO』のレストランでは、タコの唐揚げがいただけます。

・兵庫県の明石港待合所隣接のレストラン『たこたこ亭』入口に、タコのミニ水族館ができました。本当にミニ……。『パパたこ神社』『たこフェリー音頭』も、気になる(木の葉燃朗)。

 残念ながら、タコ焼きを食べながら鑑賞できる水族館は、見つけられなかった。ちなみにこの『たこやき水族館』、なんとタコ焼きと熱帯魚の店なのです。せっかくなら、ついでにトロピカル焼き魚もいかがでしょうか?(吉村智樹

■日記ブログ連日更新 exciteブログ『吉村智樹の原宿キッス』→ここをクリック
[PR]

by yoshimuratomoki | 2005-07-13 01:50