DAICON FILM



 きのうは暑かった~。洗濯物がみるみる乾いてゆくので驚いた。ジーパンが、わずか3時間でゴワゴワ。

 とはいえ、こんなカンカン照りの日こそ街がいさがし日和。キリッとした写真が撮れるから。僕はカンカン照られながら、京浜東北線沿線を歩いた。

 JR京浜東北線・鶴見線『鶴見』駅をカンカン歩いていると、こんな喫茶店が。

a0037241_335379.jpg


 『喫茶 大根』。なぜに喫茶店が大根? 確かに鶴見は呑み屋が列をなす歓楽街。大根茶は二日酔いに効くそうだけど

 大根といえば、僕は常々「大根が迫害されているのではないか?」と思っていた。

 洋菓子店やカフェに行けば「キャロットケーキ」「パンプキンケーキ」など野菜菓子がたくさんある。でも人参もかぼちゃも、もともとは「おふくろの味」を代表する煮っころがし系だった。それまで醤油くんとおつきあいしていたのだ。

 それがいまやオシャレスゥイーツに姿を変えている。まるで田舎の少女が原宿でスカウトされて、グラビアアイドルになったかのよう。事務所から「昔の男との仲は清算するように」と言われて、醤油くんをふったのか? ベジタブリッコめ。

 なのに大根ケーキが洋菓子店のショウケースに並んでいるのは、見たこともきーたこともない。大根は93%が水分で、かつビタミンCが豊富。葉にはビタミンA、カロチン、たんぱく質がたっぷり。栄養があるうえにいくら食べても太らないし、食あたりもない(あたらない、当たり役がないことから大根役者と呼ばれるようになった)。ダイエットに最適な野菜だ。「辛い」というイメージがあるが、煮れば甘くなる特質もある。

 それに大根はもともと地中海沿岸からシルクロード経由で日本にやって来たロマネスクな一面もある。「大根足」だって、起こりは「足が白い」という褒め言葉だった。こんなにフェミニンな野菜はないのである。

 この店には、ぜひ大根ティーと大根ケーキで、大根足の女性たちを癒すヒーリングカフェになっていただきたい。

 てなこと言いながら、以前もこの連載で書いたけど、僕は切り干し大根が食べられない。ニオイもダメ。ほかの大根料理は好きなんだけど。常に干される恐怖に怯えてるからか?(吉村智樹

■日記ブログ連日更新 exciteブログ『吉村智樹の原宿キッス』→ここをクリック
[PR]

by yoshimuratomoki | 2005-07-29 03:06