「ホーム・パーティー風……」

a0037241_12363024.jpg


ホーム・パーティー風……。

ひとりで行っても疑似家族が迎えてくれる、とか、ホーム・パーティでよくある「ケーキとちらし寿司と唐揚げ」のようなちぐはぐメニューでテンションあげさせてもらえる、とか。

パーティなるものにまるでご縁がなく生きてきてしまいましたが、実は恥ずかしながら京都に引っ越してすぐの頃、「友人も知人もいないこの街で、誰かとつながらねば!」と焦り、パーティと名のつくものに積極的に参加し、人脈物乞いみたいなことをしてしまいました。

書評家の永江朗さんの講演があるというので、編集者やライター……らしき出版人たちが集まる、よくわからない立食パーティに参加した時のこと。

永江さんが書店をとりまく現況について話し終えたあと、出版界で、偉い? らしい人が「永江先生のお話をうかがい、『びれっじ・ばんがあど』なるお店があることを知りました」と挨拶し、思わず腰が砕けました。

おいおい!
永江さんってヴィレッジ・ヴァンガードについての本を出した人だぞ。
その人を呼んどいて、なにそれ。

ていうか、ほかでもない出版界の人ならヴィレッジ・ヴァンガードくらい知っておいてくださいよ。

これ大昔の話ではないです。
4年前の出来事。

そして、これがいやなんですが、名刺交換タイム。

編集とライターをやっているというぬぼーっとした男が名刺をさしだしながら、どういう仕事をやっているんだ、としつこく訊いてくる。

ライターと、放送作家をやっています。

「放送作家って、なんですか?」
「どんな番組をやっているんですか?」
「その番組で、どんな仕事をやっているんですか?」

質問をどんどん投げかけてくる。
なので、できるかぎり、真剣に答えました。

するとその男は、

「ふーん。そうなんですか。僕、テレビってぜんぜん見ないんですよ」

そう行って、一瞥もくれず、すーっと去っていきました。

じゃあ訊くなよ!

別にテレビを観なくてもいいけど、僕がながながと説明していた時間、なんだったんですか。

そんなことが重なって、もう完全に行かなくなりました、パーティーには。

まあ行かないもなにも、それ以前に誘われてもいないですが(涙)。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2016-07-05 13:00 | 大阪府