スネオヘアー

 先週はこの連載で、京都の嵐山~嵯峨野方面のネタをお届けした。が、実は時間がなくて行けなかった心残りな場所がある。嵯峨野の「御髪(みかみ)神社」だ。

 御髪神社とはその名の通り、日本で唯一の「髪を奉る神社」。ここは髪結い職が日本で最初にうまれた場所であり、現在も理容・美容関係者が参拝に訪れる。献髪を奉納した「髪塚」まであるという。髪塚……なんかこう、髪の毛が石碑にもじゃもじゃまとわりついているイメージ。納涼のためにも、ぜひ足を運んでみたかった。

 後ろ髪を引かれる想いで東京に戻ってきたからだろうか、東京メトロ丸ノ内線『新中野』駅あたりを自転車で走っていると、神様がこんな店に引き合わせてくれた。

a0037241_19484087.jpg


 『カット&パーマ 髪様

 やった! 「さがの」で果たせなかった願いが「なかの」でかなった! そもそも「髪」を「かみ」と呼ぶのは「神」と同じくらい大事なものだから、という説がある。「髪は女の命」という言葉もある。さぞ霊験あらたかな美容院に違いない。店名を「紙」に殴り書きしてテープで貼ってあるだけという豪気も含め。

 入口を覗くと、階段にもなにやら紙が貼ってある。

a0037241_19485335.jpg


 「髪 神 どちらも大切にします」「軽さで勝負」「個性を大切に表現します」「他店と違う技術をどうぞ」、そして、

a0037241_19491299.jpg


 「犬も歩けば猫がいる?」

 いきなり現れた、まるでビックリハウスの教訓カレンダーのようなお言葉。これはいったい、なにを意味するのか。「油断するな。犬だけではなく、猫もカミつく」とか、そーゆーことか? 凡人には理解しえない髪がかったメッセージにたじろいだ。まさに他店とは違う個性

 髪主さんはいったいどんな方なんだろう。入ってみたいが、僕には肝心の髪がない。オー・マイ・ゴッド! ノー・マイ・ヘアー!(吉村智樹


本日のお題「たのきん、誰が好きでしたか?
回答は → こちらへ。

a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらから受け付けております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-07-31 19:49

チャコの海岸物語

 今日の東京は久々の快晴。空気がさらさらと乾き、肌を灼く日差しが心地いい。いまだ梅雨明け宣言はなされていないが、これでやっと夏が来たと思っていいかな? それとも思い過ごし? 思い過ごしでもかまやしない。思い過ごしも恋のうちだ。

 こんなミス・ブランニューな日はアロハを着込んで茅ケ崎あたりにくり出したいもの。そんな真夏の果実気分にひたりながら我がホワイトベース高円寺のパル商店街を歩いていたら、居酒屋に垂れ幕が。

a0037241_23595100.jpg


 『マグロオールスターズ

 ネオ・ブラボー! 魚の王様マグロの、オールスター勢ぞろい。さまざまな種類、部位のマグロがTU・NA・MIのように押し寄せる(敢えて綴りを間違えております)。

 マグロは確かに「スター」と呼ぶに相応しい勇者。時速160kmもの速さで海を突き進む、魚の弾丸。なんせ超高速で泳ぐために、身体にヒレの格納庫まであるのだ。

 マグロは大まかに分けて7種類。クロマグロ(ホンマグロ)、タイセイヨウクロマグロ、ミナミマグロ(インドマグロ)、メバチマグロ、キハダマグロ、ビンナガ(ビンチョウ)マグロ、コシナガマグロ、それぞれ味わいも違い、それぞれにファンがいる。艶めかしいフォルム、肉肉しい食感、官能的な赤、まさに7大セクスィースター。エロティカ・セブンだ。

 *カジキマグロは実はマグロ科ではない。

 これらが一堂に会した食卓のライブ、食らいつかないテはない。ぜひマグロの刺し身に、涙のキッスを(吉村智樹

本日のお題「たのきん、誰が好きでしたか?
回答は → こちらへ。

a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらから受け付けております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-07-30 23:59

おしゃれ泥棒

 前回に続き、京都取材の話。

 京都を訪れる楽しみといえば、やはり和菓子。京の和菓子は見た目にうるわしく、それでいて甘さが前へ前へ出しゃばらない「お茶の味を活かすお菓子」。たとえかき氷を頼んでも、熱いお茶が添えられる。あくまでお茶がメイン、お菓子はメインのお茶を盛たてるためのダンス&コーラス、いわばマーク・パンサーなのだ。正直このトシになると、洋菓子がキツくて……。

 京福嵐山線、通称“嵐電”『嵐山』駅の構内に入る。31年間も関西に住んでいたのに、京福線に乗るのは初めて。一両列車が京の町並みをとろりとろり走る、実にかわいらしい路線だ。

 しかも嵐山駅のプラットホームには、足湯まである。敬服!(京福にかけました)(←わざわざ書かんでも)。

a0037241_1657532.jpg


 嵐山~嵯峨野散策に疲れたら、ぜひこの湯に足をひたしてみてほしい。



 発車間際に売店を覗くと、京都の銘菓が売られている。

a0037241_16572688.jpg


a0037241_16574238.jpg


 『銘菓 どろぼう

 ど、どろぼう? 京都で泥棒といえば、三条の川原で釜ゆでになった石川五右衛門が有名だ。「世に盗人の種は尽きまじ」という辞世の句が広く知られているが、こんなところにタネが舞い降りていたとは。

 この「どろぼう」は、おこしを割って黒砂糖を絡めたお菓子。大正元年から4代に渡り受け継がれた京茶菓子のリプレゼントだ。
 物騒なネーミングの由来は、庶民が甘みに飢えていた時代に、「たとえ泥棒してでも食べたくなる味」だったから、だとか。なんてストレート・トゥ・ヘルな。京都の表現は湾曲的だと言われているが、こんな一撃必殺、鉄腕奪取な感覚もあったのだ。

 それにしても嵐山取材は楽しかった。そして特に事故も盗難もなく無事帰京した。いや、嵐山は、大切なものを盗んでいきました。僕の心を

 さらば嵐山。また来るよ、嵐山(吉村智樹)。

a0037241_16595361.jpg


本日のお題「たのきん、誰が好きでしたか?
回答は → こちらへ。

日記ブログ、ほぼ一日おきに書いてます。旅取材に出ていたので、更新サボり気味……。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらから受け付けております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-07-29 16:59

私はイエスがわからない

 きのうまで雑誌の取材で京都に行っていた。目的地は立命館大学。

 京福北野線『竜安寺道』駅で降り、立命館大学へ。

 大学通りといえば普通は学生がたむろする喫茶店や定食屋、居酒屋、雀荘などが軒を連ねているもの。

 ところが立命館大学は寺社仏閣に囲まれているためか、それらしいものが見当たらない。静かで、落ち着いていて、緑豊かで、実に京都らしい大学だ。

 そんな質実剛健な環境のキャンパス周辺を歩いていると、こんな居酒屋、いや喫茶店、いや定食屋を見つけた。

a0037241_103669.jpg


 『居酒屋? 定食? 喫茶? わからん

 なんと「わからんが店名なのだ。もしかしたら、この店が何屋か答えることが、立命館大学入試の第一問目なのかもしれない。

 確かに大学通りの店って、何屋かわからんようになるよな。コーヒーを飲みながら試験勉強してるやつの隣で、運動部が大盛りの飯をかっくらっている。そしてその隣じゃ酒飲みながら「俺もラブアタックに出たいわ~」なんて言ってるやつも(そんな番組、もうやってへんやろ)。

 周りに店が少ないぶん、数少ない一軒の飲食店がそうやって学生のありとあらゆる要望に応えているうち、しまいに何屋かわからなくなってしまったんだろう。

 さて、僕の興味はマイキーこと「倉木麻衣」もこの店に来たかということ。道往く学生に尋ねてみたら、「わからん」とのこと。そりゃそうだわな。いまだに倉木麻衣のことをマイキーなんて呼んでるかどうかも、わからん(吉村智樹

本日のお題「路面電車に乗ったことがありますか?
回答は → こちらへ。

日記ブログ、ほぼ一日おきに書いてます。旅取材に出ていたので、更新サボり気味……。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらから受け付けております。
*メールアドレス変わりました。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-07-28 10:04

虹とスニーカーの頃

 久々に埼玉遠征。西武新宿線『新所沢』駅前をぶらついてきた。

 「新」と名のつく駅の多くは、80年代に都市開発がなされている。そして“80年代トレンディ”な時間が凍結し、「のままレトロ化する

 この新所沢もそう。TOKIOに対抗し、ダサイ玉の汚名を返上すべく80年代にPARCOができた最先端テクノCityは、いまや好ましいまでに発酵。「新」がつかないピュア所沢駅より、はるかに懐かしい最後端レトロCityとなっている。こういうエイティーズ・レトロフューチャーでサイ玉バーパンクな街が、僕は大好き。

 新所沢を象徴するシーンといえば、たとえばこんな喫茶店。

a0037241_9514295.jpg


 『ナウイ店

 “ナウイ”についてはさんざんこちらに書いたが、ここにはもうひとつ捨て置けないキーワードがある。「スニーカー」だ。

 スニーカーブームは7年周期で起きると言われているが、わけてもピークは2度あった。記憶に新しいのが「エアマックス95」などのハイテクスニーカーブームだろう。新宿のシューズショップでこれが売り出された日、若者たちが「徹夜で靴を買う」というストレンジな現象が起きた。一足の靴を買い求めるためだけに連なった行列は、なんと新宿御苑にまで及んだ(駅にして2駅ぶんの距離!)。また、寝袋を持参してまで手に入れたスニーカーを奪い取る「エアマックス狩り」なんて事件まで起きた。

 このブームから遡ること14年前、80年代の幕開けとともに第一次スニーカーブームが沸き起こる。正確には「いままで当たり前にあった靴を、スニーカーと呼ぶことに決めた」ブームだ。チューリップの『虹とスニーカーの頃』、近藤真彦の『スニーカーぶる~す』など、「靴の歌」のヒットが立て続いた。ではそれまでこの靴をなんと呼んでいたか。「ひもぐつ」だ。「♪ペアで揃えたスニーカー」だったから流行ったわけで、「♪ひもぐつ2足~」では、たとえノン腋毛なマッチとてヒット曲にはならなかっただろう。チューリップも心の旅に出たまま行方不明になっていただろう。

 ナウのかけらが転がった街で、「虹とスニーカーの頃の頃」を回顧する。80年代に青春を送ったナウイ新人類は、ぜひ新所沢でしみじみしていただきたい。この店で、コーヒーをすすりながら(でも、フツーの喫茶店でした)(吉村智樹

日記ブログ、ほぼ一日おきに書いてます。わがままは男の罪、それを許さないのが女の罪。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


a0037241_23524263.jpg


本日のお題「冷たい麺類、いま食べたいのはどれ?
回答は → こちらへ。

●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらから受け付けております。
*メールアドレス変わりました。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-07-23 09:54

パワー・トゥ・ザ・ピープル

 3連休はいかがお過ごしでしたか? いっこうに夏らしい晴れ間も見えず、蒸し暑いだけの日が続いてすっかり精気が失せてしまった方も多いだろう。

 そんな貴兄に、店名だけでスタミナがムクムクかま首もたげるショップを東武大師線・伊勢崎線『西新井』駅前商店街にて発見!

a0037241_12472896.jpg


 男がみな憧れる動物、それは百獣の王ライオンでもなく俊足のピューマでもなく、オットセイであると断言

 オットセイは一頭のオスが数十頭のメスを従えハーレムをなし、つぎつぎに種付けする精力絶倫、精力ジェフ・リンな動物。まさに男の憧れの象徴だ。オットセイの内臓は男女和合のための精力増強に導く秘薬として古来から用いられた。またアソコは催淫作用があるとされ、これを塩漬けにして女性に食させる習わしもあった

 しかしオットセイは世のヨワイ男たちから羨望の眼差しを向けられすぎたため乱獲され、いまでは絶滅の危機に瀕している

 人間のエゴで動物の種を絶やしてはならない。この「オットセー」は紳士向け洋品店。強壮剤に頼ることなく、オシャレして矜持を正せば、自然と鋭気も漲ってくるというもの。「やる気まんまん」になってくるはずだ(←このサゲがオットセーにかかってることを、果たしてどれだけの人がわかってくれるんだろうか)(吉村智樹

日記ブログ、ほぼ一日おきに書いてます。滋養強壮に効果ゼロ。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


a0037241_23524263.jpg


本日のお題「かき氷にかける無色透明なシロップをなんと呼んでいる?
回答は → こちらへ。

●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらから受け付けております。
*メールアドレス変わりました。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-07-18 12:49

TANCE☆MAN

 京成線・北総鉄道『京成高砂』駅前の商店街を歩いていると、思わず踊り出したくなるソウルフルな店を発見。

a0037241_12221578.jpg


 リサイクルマート『たんすまん。

 まさか店長はアフロ? 中古のミラーボールも売ってる? 店名の最後に「。」がついているのはモーニング娘。のアレンジもやっていたからか

 思えば元ネタとなったダンス☆マンも、懐しのディスコクラシックをリサイクルして名を馳せたんだもんなぁ。理に適ってる(のか?)。

 でも本当の日本の「たんすまん。」は、やっぱり大川栄策だと思う吉村智樹


日記ブログ、ほぼ一日おきに書いてます。躍動感ゼロ。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


a0037241_23524263.jpg


本日のお題「あなたの好きな数字は?
回答は → こちらへ。

●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらから受け付けております。
*メールアドレス変わりました。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-07-12 12:23

はみだしチャンピオン

 五代目・古今亭志ん生は、芸人史上「貧乏にまつわるエピソード最多保有者としても有名だ。数々の貧乏武勇伝のなかで、僕はこの話が大好き。

「子供が生まれたものの出産費用が払えない志ん生は、助産婦さんに『尾頭付きです』と言って、たい焼きを差し出した

 助産婦さんもこれにはしょうがなく笑って応えたという。いい人情話だなぁ。結局出産費用を踏み倒したわけだから美談でもなんでもないはずなのに

 思うのだが、これ、たい焼きだから許されたんじゃないだろうか。同じ材料でも今川焼きだったら、怒って剛速球で投げ返されたのでは。たい焼きには、日本人の心に太古からある海洋へのリスペクトの念がこめられている気がする。

 だからだろうか、たい焼きには他の和菓子では味わえない野趣がある。特にアンコがしっぽまでたっぷり詰まったやつを頬張っていると、大漁旗を振りたくなる。アンコが多すぎて腹からはみだしていたりすると、もうたまらん。鯛御殿でも建てたようなお大尽気分に(大袈裟だよ)。

 しかし和菓子の本を読んでいると、本来しっぽまでアンコがたっぷり詰まったたい焼きは邪道なのだという。

 たい焼きはそもそも職人さんのおやつ。手が汚れたままでも食べられるよう、しっぽはあくまで持つところ。だからしっぽにはアンコは入れない。食べ終ると、しっぽは捨てていたんだそうだ。しっぽまでアンコを入れるのは正道ではなく、ましてアンコが飛び出すほどの大盛りははみだし者扱いなのである。

 そうはいっても、もともとこちとら手になんの職もない世すねた稼業。たとえ邪道であろうとも、やっぱりたい焼きはアンコどっさり「はみだし者」を豪快にがぶりとやりたい。しかし、なかなかそういう男気溢れるアウトサイダーにはお目にかかれない。なかにはしっぽどころか、おつむにもアンコが入ってなかったりする

 JR総武線・都営新宿線『本八幡』駅前で、こんなウレシイたい焼き屋を発見。

a0037241_1929161.jpg


 『はみだし たいやき

 やった。遂に恋い焦がれた、はみだし者に会えた。ピキピキした威勢のいいあんちゃんを、頭から噛み砕いてやる! 意気込んで、さっそく一匹買ってみた。そしたら……。

a0037241_19293669.jpg


 はみだしてるのは、アンコではなく、皮の方だった

 皮か~。確かにこの蒸し暑い季節、短パンをはいていると皮がはみだしたりするけど……。

 「このクソ暑いのに、アツアツのお菓子の話なんかするからだ」と言われそう。でもご安心を。このたい焼き、前から見ると、

a0037241_1930634.jpg


 充分ホラーとしての役目を果たすのである(吉村智樹)。

日記ブログ、ほぼ一日おきに書いてます。中身スッカスカです。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


a0037241_23524263.jpg


本日のお題「高校は共学でしたか?
回答は → こちらへ。

●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらから受け付けております。
*メールアドレス変わりました。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-07-09 19:30

ガッチャ!

 聞くところによると自動販売機は、置く場所さえ的確であれば、ものごっつい売り上げを記録するらしい。名前を失念したが、とある芸人(たしかCOWCOWのどちらか)は、家の前に置いてあった自動販売機の売り上げだけで学費に充当したという。だから育ての親は自動販売機だと。

 しかし、これはどうなんだろう。京成本線『京成八幡』駅前の住宅街を歩いていると、一軒の家の前に、

a0037241_21442655.jpg


 ガチャガチャが2台、ぽつんと。

 駄菓子屋かおもちゃ屋が電柱の陰に隠れているのかな? と思って横から見たら、

a0037241_21444437.jpg


 それもない。普通の民家、パノピカだ。そりゃそうだ。電柱の陰に隠れるような、ほっそい店はないだろう。

 自販機がサイドビジネスとして有効であることは先述したが、ガチャガチャ2台で月にいかほどの稼ぎになるんだろうか。だってコレ、いまはやりの「ガチャポン」ですらない、レトロな純正ガチャガチャ。サイドビジネスというか、サイド・バイ・サイドビジネスというか。それ以前に繋ぎもせずに置いてあるだけなので、本体ごとパクられないのか気が気でない

 いったいなにを売ってるのか覗いてみた。

a0037241_21452860.jpg


 『つっぱりゴールド

 金のカプセルのなかにゴールドの伸縮警棒やら手錠やら。えっらいイカつい、BE-BOPな品揃え。

 なるほど。儲けるために設置してあるんじゃないんだ。自動用心棒だったのか吉村智樹


日記ブログ、ほぼ一日おきにガチャガチャ書いてます。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


a0037241_23524263.jpg


本日のお題「お店のポイントカード、集めていますか?
回答は → こちらへ。

●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらから受け付けております。
*メールアドレス変わりました。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-07-06 21:45

マシン・ヘッド

 京成本線『市川真間』駅前に、まるで轟音が鳴り響くような、凄い名前の美容室を発見。

a0037241_1754591.jpg


 『美容室 リッチーブラックモア

 な、なんで? なんで美容室の名前が伝説のギタリスト?

 リッチー・ブラックモアとは、このような人物。

 イギリス出身のギタリスト。ハードロック・ヘヴィメタルのジャンルではもはや伝説になったロックギターの速弾きの元祖。彼の生み出した「スモーク・オン・ザ・ウォーター」の明快なリフや「ハイウェイスター」の速弾きソロは、エレキギターの初心者が必ず練習するほど有名

 バッハのフーガ等のクラシック曲をギターフレーズに取り入れ、ロングヘアー、黒い上下の衣装、ストラトキャスター、ステージの最後のギター破壊(ただし破壊用ギターと演奏用は別)などのスタイルを確立。イングヴェイ・マルムスティーンらのフォロワーを生んだ。(Wikipediaより)

 いかに偉大な人物か、おわかりいただけたと思います。まさにHR/HMの母であり、この店が市川真間(ママ)にあるのも大いに唸づける。

 だからといって、なぜ。店主は氏の速弾きの如き、速切りの技の持ち主か?

 おそらく、「もっと(モア)、黒い(ブラック)髪をリッチに」とかけたんでしょう。

 しかし、心配な点は別にある。氏が果たして美容室の名に相応しいかどうか。
 だってリッチー・ブラックモアって、前髪が……スモーク状……。前髪をインロックしてるので一見してはわからないけれど、実態は虹色。ほわっと、紫のけむりのように。むかし読んでた『ミュージックライフ』では、リッチーのハゲネタが定番だったのに……。

 しかしそんな偉大な人物の弱点をもハイウエイを走り抜ける速さでなんとかしてしまうほど素晴らしい技術なのでしょう(吉村智樹)。

日記ブログ、ほぼ一日おきに書いてます。ギターは弾けませんが。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


a0037241_23524263.jpg


本日のお題「去年の夏はプールで泳ぎましたか?
回答は → こちらへ。

●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらから受け付けております。
*メールアドレス変わりました。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-07-04 17:13