愛の種

 以前から、いっぺん見てみたいものがある。それは柿の種の製造工程

 ビールのアテなどに何の気なしに食べているが、よく見れば実に精密。見事にクレセントなカーブ。そして噛ると、なかが空洞。だから食感がパリッと軽快だ。やられた! なんて凄い叡智。これはもう食べる工芸品。こんな小さな食べ物なのに、いったいどうやって空洞を作っているのだろう。嗚呼、行きたい! 柿の種工場に。

 そして工場長に3日ほど問いつめたい。なぜこれが柿の種と名付けられたのかと。

 だって、だってだって、柿の種にちっとも似ていないから。色も形も、まったく柿の種じゃない。職人技が炸裂した細密極まりないお菓子なのに、唯一ヌカリがあるとすれば、この命名である。形状だけで言えば、柿よりマリーゴールドのほうが近い。ま、「マリーゴールドの種」じゃイメージ湧かなくて、ぜんぜん売れないだろうが。

 柿の種といえば、JR総武線、都営新宿線「本八幡」駅前の量販店に、こんな商品が置いてあった。

a0037241_1150497.jpg


 『日本で二番目?!に辛い柿の種 自称

 いやでも目に飛び込んでくるナンバー2宣言。色も唐辛子のコーティングで、従来のものよりずっとレッドホット。赤黒きコイツをさっそく買って食べてみた。

 いやもう、か、か、辛ヒ。舌が痛い。燃える。涙そうそう。辛すぎて辛い(つらい)。どれだけ辛いかというと、喉が拒否して飲み込めないのだ。水を飲んでも、辛さがまったく収まってくれない。なんてバイオレンスな。暴君ハバネロも泣いてひれ伏すだろう。

 自分は辛い食べ物はわりと平気、というか鈍感なのだが、これには参った。日本で二番目と自称するだけある。ということは、日本一辛い柿の種って、いったいどんなんなんだ。

 これより辛い柿の種があるとするならば、それはもう火気の種だ(吉村智樹)。


本日のお題

携帯電話に来たメール、読んだあとどうしてる?
回答は → こちらへ。

今週のお題

名前に『古今東西』の字が入ってる有名人を挙げよう
回答は → こちらへ。

a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
おしゃべりポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらのサイトのTOPページからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-10-27 23:49

ゴールデンラッキー

 東京での暮らしも今週いっぱい。来週からヘンな看板のエルドラドである大阪に拠点を移し、このブログをよりいっそう面白くしていきたい所存なり。

 そんなおり、イラストレーターのふんころがし女史が、新宿ゴールデン街に連れていってくださった。

 僕は東京に来て10年になる。この間に東京の繁華街、歓楽街はほぼ踏破したつもりだった。が、最後の牙城たる新宿ゴールデン街で飲んだのは、この日が初めてだった。戦後の闇市から始まり、いまなお往時の面影を遺すあの奇跡の飲み屋街に、ついに足を踏み入れてしまった。

 新宿ゴールデン街の最寄り駅は東京メトロ丸ノ内線、都営新宿線『新宿三丁目』駅。花園稲荷神社の裏手にあり、歌舞伎町とはまた一線を画した他を寄せつけないムードが漂う。10人も入れば満員札止めになる小体なカウンターバーの一大密集地帯。その数なんと約170軒! 最盛期は200軒を越えたというから、もはや飲み屋の独立国家、黄金の自治区だ。

 この街には、ずっと憧れがあった。憧憬、いや畏敬といったほうがいい。「憧れはあるんだけど、近寄りがたい」、そんな感じ。

 田中小実昌がいつも酔っ払って寝ていたり、荒木経惟の奥さんがやってた店にいつも赤塚不二夫一派がいて大騒ぎしていたり、内藤陳の店にはミステリー小説が天井まで堆く積まれていたり、そこでバーテンしてたのが馳星周だったり、森田芳光が「ゴールデン街で映画論を闘わせた最後の世代」と語ったり、俵万智もどっかの店で働いてたりと、雑誌や本を読むにつけ見るにつけ、いやでもこの街の名が目に飛び込んでくる。
 実際一時期の文芸誌や日本映画、マスコミは、この街を司令塔にしてまわっていたといって大袈裟ではない。

 ならばもっと早く自分も行けばよかったんだが、ずっと気後れしたままだった。「酔客からいきなり文芸論を吹っ掛けられたらどうしよう」「いったいお金は幾ら用意すればいいんだろう」(バブル崩壊期以前には、実際にぼったくりバーもあったらしい)。

 それになにより客のほぼすべてがマスターやママの知人脈で成り立っている招待制のソーシャル飲み屋ワーキングな場所ゆえ、まったくの一見がいきなり店に飛び込んでいいのか迷ったていたのだ。

 ふんころがし女史からご招待を受け、10年目にしてやっとこの街にログインできたのだが、ある部分は予想通り、ある部分は嬉しい予想外だった。

 木造の建物がびっしりアナーキーに犇めくさまは、まさに思い描いていた闇市ムード。背中がゾクゾクする異世界。しかし値段は(ふんころがしさんにご馳走していただいたので正確な値段は判らないが)、銀座のバーよりは遥かに安い。店側も客側も「全共闘世代が占めてるんじゃないか」という不安も払拭された。世代交代し、若いマスターが独自なカラーを出すポップな店がたくさんあった。

 ……いやぁしかし、あの街の独特すぎる雰囲気を文字にするのは難しい。まさに、

a0037241_0112780.jpg


 『くればわかる

 なのである。ふんころがしさん、貴重な経験をありがとう!(吉村智樹

本日のお題

3つのりんご、どれを選ぶ?
回答は → こちらへ。

今週のお題

名前に『古今東西』の字が入ってる有名人を挙げよう
回答は → こちらへ。

a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらのサイトのTOPページからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-10-26 23:12

フライ、ダディ、フライ

 JR総武線「新小岩」駅前の商店街を歩いていたら、こんな店があった。

a0037241_1293118.jpg


 『とんかつ まつもと』

 このお店、すこぶるおいしいと地元ではたいへんな評判だという。しかもご主人は元世界ランキング2位のボクサーなのだとか。確か映画『ロッキー』で、主人公がぶら下げられた肉をサンドバッグがわりに叩くシーンがあった。もしかしてここのご主人もそうやって効なり名を成しつつ、肉の扱いを習熟していったのかもしれないな。

 そして、さらに看板をよく見ると、

a0037241_130480.jpg


 『元日本フライ級チャンピオン

 なるほど。そりゃ日本のフライ料理とんかつを揚げるのが上手いはず。元フライ級チャンピオンは、現フライ食チャンピオンだった(吉村智樹

本日のお題

おたくの肉じゃがの『肉』はなに?
回答は → こちらへ。

今週のお題

絶対『ん』で終わるしりとり
回答は → こちらへ。

a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらのサイトのTOPページからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-10-23 11:30

オコノミック・アニマル

 お好み焼きというものは、なかなかヤヤコシイ食べ物だ。溶いた小麦粉を鉄板に流し、野菜や肉を敷いて丸く焼く。ただそれだけのいたってシンプルな料理のはずなのに、言わば「B級グルメ」であるハズなのに、焼く側はもちろん、食べる側にもけっこうな技術が要求される

 なぜならば、お好み焼きは「箸で食べると、ちっともうまくない」から。お好み焼きは箸で食べるようにはできていない奇特な食べ物。箸でちまちまとおちょぼ口で食べていると、せっかくほどよく溶けた肉の脂(これこそお好み焼の醍醐味)が冷め、口あたりがどんどん重くなってゆく。

 そもそも箸以前に、小皿に取り分ける行為そのものが「マナー違反」。熱い状態のものを、少しでも冷ましてはならない。熱された鉄板の上でダイレクトカッティングし、間髪入れずそのまま口に運ぶのが紳士淑女の正しい習わしである。

 だからといって、ナイフで切ってフォークでそそと、なんてスノッブで馬鹿げたことはしない。お好み焼きを切り分けて口に運ぶための専用のツールを用いる。それが「大ゴテ&小ゴテ」だ。

 お好み焼を食べるために、「コテ」と呼ばれる大小の金属ヘラ2種を用いることは、皆さんご存知だろう。まず完成した円盤を大ゴテでジャストなサイズに裁断する。次に切り分けられたピースを小ゴテですくい取り、そのまま口元へ運ぶ。

 もちろんスプーンのように口にそのまま入れるわけではない。約45度の傾斜角度を保ちつつ、ピースを口中に少しずつ滑り込ませる。つまり小ゴテは「すべり台」の役目を果たすのだ。そうすると、ほぼ鉄板で焼けた状態の温度のまま、お好み焼きの真髄が味わえる。口中に運ぶ際は微妙に小ゴテを振動させ、ジグザグに滑らせてゆくとスムースインしやすい。シュプールを描く要領で。

 そして唇から舌へのトスを決める。そのおりは「アッツッアッツッアッツッアッツッ」と高石太の往年のギャグのような嗚咽をこぼしつ、ただれた舌をビールやサワー(チューハイ)、ラムネなどでいったんクールダウンさせるのが礼儀である。この一連の動きを流麗かつファッショナブルにキメられれば、どんなVIP揃いの晩餐会だって怖くはない

 そう、お好み焼きを箸で食べることは禁忌であり、実はフランス料理に近しいTPOが存在するのだ。もし「なぜ私はモテないのかしら。なぜ彼氏ができないのかしら」と悩んでいる女性がいたら、それはきっとお好み焼きを美しく食べていないからに違いない。

 「そんな~、アタシ猫舌だから、熱いままのなんか食べらんな~い」という方もおられるだろう。個人的には「お好み焼きは猫舌の人が無理に食べるものではない」とも思うのだが、たとえば阪急箕面線「桜井」駅前で見つけたこの店などで、

a0037241_23275070.jpg


 やさしくレクチャーを受けつつ初歩から段階を踏めば、貴女もいつかきっと素敵なお好み焼きセレブになれるだろう(吉村智樹)。


本日のお題

ハンバーガーショップ、どこを選ぶ?
回答は → こちらへ。

今週のお題

絶対『ん』で終わるしりとり
回答は → こちらへ。

a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらのサイトのTOPページからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-10-21 23:28

ズッコケ三人組

 よく「肉じゃがは、東京は豚肉、大阪は牛肉」と言う。これは当たっているようで、当たっていない。必ずしもそうとは限らない。なぜなら大阪にある僕の実家では、肉じゃがといえば鶏肉だったからだ。

 肉じゃがのみならず、すき焼きもカレーもシチューも、肉といえば鶏だった。ステーキも鶏の胸肉。おでんにも手羽先を入れていた。

 これは牛肉を買うほど裕福ではなかったからなのだが、鶏肉LOVEの僕には微塵も不満はなかった。VIVA貧!

 鶏の肉じゃがは本当にンまい。ブロイラーの皮や脂から出た旨味たっぷりのダシが、じゃがいもに沁み渡り、えも言えぬンまさ。初めて牛や豚の肉じゃがを食べた時、「パサパサして、いっこもうまない」と思ったほど。

 それに残り物の冷えた肉じゃがは鶏皮のコラーゲンが煮こごりになり、まことにケッコーな味になる。翌日また別の料理として楽しめる。別のおかずとして一品浮くのである。高校時代これが弁当に入っていた時は、いつもわが家に生まれたことを感謝していた。ンまいうえに経済的。これほどリーズナブルな料理はほかにない。僕は生まれつき鶏肉ばかり食べまくってきたためか、ナチュラルボーン・チキン野郎なチンケな男である。しかし、我が鶏肉人生に悔いなし

 しかし残念ながら、居酒屋に「鶏の肉じゃが」は置いていない。そういう料理は、存在しないことになっているからだ。「料理はこうでなければならない」という固定概念を覆すことが可能な、和食でも洋食でも仏でも伊でもない「家庭料理というアナーキーなジャンルだからこそ為しえた奇跡。家庭料理とは、そういった「ずっこけ」にこそ真髄がある。

 これはJR大阪環状線「天満」駅周辺で見つけたお店。

a0037241_23244890.jpg


 『家庭料理 ずっこけ

 きっとこの店も、掟破りなメニューを出してくれることだろう。行儀悪いとされる「味噌汁ぶっかけごはん」なんかあれば最高なんだが。あれはうまいで(吉村智樹)。


本日のお題

PHS、使ってる? 使ってた?
回答は → こちらへ。

今週のお題

絶対『ん』で終わるしりとり
回答は → こちらへ。

a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらのサイトのTOPページからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-10-19 23:25

ディエゴ・デ・アルマグロ

 新聞やインターネットのニュースなどで連日報じられているので、皆さんご存知だろう。水産省は16日、人気の高いミナミマグロの年間漁獲割当量を来年から5年間、今年の割当量(6065トン)のほぼ半分にあたる年間3000トンに削減すると発表した。

 マグロは限りある資源。いたしかたない。とはいえ世界のマグロ漁獲量の三分の一強を食べる日本、縄文時代の貝塚からマグロの骨が見つかるなど、古代から日本の食生活に深く根付いていた人気食材だけに、これはたいへん難しい問題である。

 確かに、我々はこれまでマグロを食べすぎた。「なにもここでマグロを食べなくても」という場面に出くわすことが、しばしばある。

 例えば山あいの旅館やホテル。いい景色があり、美味しい空気があり、美味しい水が湧き、心ほどけるいいお湯が湧く。そんな素敵な場所にある旅館なのに、なぜか夕飯にマグロの刺し身が。間違いなく、この地となんら関係ない食材だ。「山菜やキノコの天ぷらで充分ご馳走なのに、なにも遠洋で獲れた魚を出さなくても……」と思ってしまう。しかし「刺し身は出さなきゃシメシがつかない」という判で押したような慣習が、なぜかいまだ残っているのだ。そして無粋と嘆きつつ、やはり出された以上、美味しく食べてしまう。マグロは「高級魚でありながら大衆魚」という矛盾、二律背反の真っただ中を泳いでいる。

 いまから書くことは、暴論、極論。スーパーマーケットやツナ缶の会社から抗議が来そうだが、もう「マグロは高級魚であり、大衆魚ではない」と位置づけることにしないか。刺し身が食べたければ、寿司屋か鮮魚居酒屋に行ってけっこうな値段をはたかなければ口にできない、スーパーマーケットで気軽に買えるようなものではない、といったように。でなければ、このままでは絶滅してしまう。寿司屋ですら食べることができなくなる日が、将来ありうる。

 これは京阪本線「大和田」駅前で見つけたとある寿司屋の看板なのだが、

a0037241_21135831.jpg


 寿司屋界では早くも緊迫ムードが漂っているようだ(吉村智樹


本日のお題

PHS、使ってる? 使ってた?
回答は → こちらへ。

今週のお題

絶対『ん』で終わるしりとり
回答は → こちらへ。

日記ブログ、更新さぼってます。絶滅寸前。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらのサイトのTOPページからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-10-18 21:14

次長課長

 以前からずっと疑問に思っていたことがある。それは寿司や懐石料理などのセットメニューに冠される「松竹梅」というランキング。松は上、梅は並という位置付けなのだが、なんかこう、フに落ちない。落ちなくない? 落ちなくなくない?

 まず、松ぼっくりは食えない。が、梅の実はおいしい。筍だって、なかなか打率が高い。松の実も食べるっちゃ食べるけど、食べ物のなかではマイナーレーベル。食べ物をランク付けするなら「梅竹松」のほうがフィールソー・グッドだ。

 見た目の華やかさで言っても、梅の方がゴージャスじゃないだろうか。梅林は人々で賑うが、松林はそれほどレジャー感がない。竹林の方がまだスポット的に実力ある。竹林のある嵯峨野などは、恋に疲れた女たちがるるぶ片手に大挙して訪れ、連日大盛りあがりである。イヤもっと言うなら、日本人がもっとも好む桜が赤丸急上昇でチャートインしたって、おかしくない。「桜梅竹」でよろしいんやおへん?

 いったいなぜ、このような難解な植物ヒエラルキーができたのだろう。調べてみると、なるほど、こういうことか。

 松は1年を通して緑を保つことから「長寿」の象徴として、竹は真っ直ぐ勢いよく伸びることから「成長力」や「出世」の象徴として、梅はいち早く花を咲かせることから「生命力」の象徴として縁起が良いとされた。

 実はこの松竹梅という並びに優劣はない。縁起が良いと考えられはじめた順、あるいは語感の良さで並んでいるだけ。江戸時代に天ぷら屋や寿司屋が特上や上、並では並を注文しにくいため、松竹梅に当てはめたのがはじまりだと言われている。

 基本的に優劣はなく、強いて言えば「しっかり順」だった。確かこの3種のなかで、もっとも幹が太いのは松だ(厳密には、竹は幹ではないが)。ならば盆栽は、さしづめヘルシーがウリのミニ懐石といったとこっろか。

 しかし実際問題、緑の少ない都会では「松竹梅」ではイマジンしにくいのではないだろうか。特にサラリーマンの集うオフィス街では、なんかこう、モチベーションがあがらない。

 例えば、こういう格付けはどうか。これは「なんば」駅前の商店街で見つけた寿司なのだが、

a0037241_22415445.jpg


a0037241_22414232.jpg


a0037241_22412896.jpg


 『係長』『課長』『部長

 これなら寿司の役得がイメージしやすい。課長の「(中)」は、中間管理職の中? なんという課長風月。「いつか部長に昇進してやる!」と目を血走らせながら食べれば、明日への活力にもなる。それだけ経済も動くってもんだ。社長にはそう簡単に面通しできないところもリヤル。さすが商都、大阪というほかない(吉村智樹


本日のお題

牛乳、飲んでますか?
回答は → こちらへ。

今週のお題

数字の入った名詞を順番に書こう
回答は → こちらへ。

日記ブログ、日記というより週記になってきました。ヒラに降格です。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらのサイトのTOPページからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-10-17 22:43

世界で一つだけの花

 なんと2週間も間が空いてしまった! 怠惰如山(だらしないこと山の如し)。実は大阪に転居することになり、毎日毎日準備でバッタバタなのだ。高円寺の片すみで無駄にバッタバタ羽ばたいている男がいたら、それは間違いなく僕か、僕似のニワトリ。

 大阪といえば、かつて大阪では「花博」というBIGイベントがあった。正式名称は「国際花と緑の博覧会」(1990)。鶴見緑地にいまもある屋内植物園「咲くやこの花館」は、この花博のなごり。薔薇の花クチにして踊っているイメージがある僕だが、往時は花にまるで興味がなく、それゆえ花博にも行かなかった。どこでやってるのかさえおぼろげで、咲くやこの花館はてっきり「この花区」にあるんだとばかりおもこしていた。

 そんな興味うすうす忘れな草な花博だったが、とあるニュースにはさすがに目が釘付けになった。全国で報道されたので、憶えておられる方も多いだろう。花博の最終日、大阪中のおばはんが大挙して押し寄せ、「展示されていた花を勝手に持ち帰った」事件だ。

 あの光景は凄かった。花を数本摘み取るとか、そんなかわいいレベルじゃない。植木鉢やプランターを勝手に両脇に抱え我が子に背負わせ、さも当然といったような素振りで持ち帰るおばはん軍団。しかも係員が制止すると「ええやんか! 今日で終わりやないの!」。確かに劇場や催事場などでは、最終日に祝い花を観客が持ち帰る習慣が往時の大阪にはあった。花博も、たとえ国際イベントであろうが、ナニワンおばはんらにかかれば杉良太郎公演と同じ感覚だったのだ。

 しかも「もともと私らの税金で植えた花やないの! もともと私らの花やないの! ちょっとくらいもろたってかまへんやんか」と食ってかかる。なかには「なにがあかんの? 私らは花を愛してるんよ!」と全力で正当性をシャウトするおばはんアーミーも。愛があれば大丈夫、とばかりに。群集心理もあってか花を持ち帰るおばはんはあとを断たず、「大阪のおばはんが通ったとは草木も生えない」という定説が比喩でもなんでもない事態となったのである。

 このニューズは、いかにも大阪らしい光景として報道されたわけだが、さすがに地元住民からも「大阪の恥」と批難を浴び、以降はこれほどのおばはんパニックは起きていない。マナーが悪いと言われる大阪だが、さすがにいまは、あの頃ほどひどくはないはず。

 ……と思っていたら、まだまだ花を勝手に持ち帰るヤカラがいるらしい。JR学研都市線「放出」駅前の商店街に、なにやらメッセージが……

a0037241_1861364.jpg


 『花を持って行った人へ


 どうやら大事に育てた花を勝手に盗まれたらしい。とはいえ「盗んだ」とは書かず、あくまで「持って行った」と書くところが心が広い。

 さらに近付いてみると、

a0037241_1871379.jpg


 『花が好きなのですね。言って下されば挿し木をして差し上げますのに‥‥。』

 なんて優しい。盗人の五分の理と良心を噛み含め、さらに挿し木をしてあげようだなんて。なかなかできることではない。

 と思いきや、ここからが急展開

a0037241_1873782.jpg


 『花に見とれて(?)左上の防犯カメラに気付かなかったようですね

 『あなたの顔は写っていませんが、真うしろに、仏様が見えます

 オー・マイ・ブッダ! 防犯カメラで捉えた上に、待つは仏罰。もう退路はない。花を返すよりほかなし。いらぬことは、せぬが花である(吉村智樹


本日のお題

恋人から『理由はないけど別れてほしい』と言われたら?
回答は → こちらへ。

今週のお題

数字の入った名詞を順番に書こう
回答は → こちらへ。

日記ブログ、花のように、ちらほら、はらはら、書いてます。。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらのサイトのTOPページからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-10-15 18:08