<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Feel The Kyoto

 先週の土曜日、京都のこの辺りをぶらぶらしてきた。

 まず高瀬川沿いの喫茶『ソワレ』へ。

a0037241_2244049.jpg


 学生時代によく通った店で、健在が嬉しかった。「夜会」を意味するだけあって、店内はレントゲン室のような真っ青な照明。街並みはずいぶん変わったけれど、ここはいまだに“隠微な京都”のまま。

 そして、想い出の「ゼリーポンチ」を注文。

a0037241_2245164.jpg


 サイダーのなかに5色のキューブゼリーが浮かんでいる。リキュールを色づけする液体で作られたこのゼリーは、サファイア、エメラルド、ルビー、イエローダイアなど宝石がイメージされている。ソーダ水の中を、宝石商が通る。合成着色料の蠱惑、天然果汁いっさいナシの背徳の味。この不健康スゥイーツが、この店には絶対欠かせない。

 メニューがまたイイんだ。

a0037241_22454337.jpg


 『ゼリーの誘惑

 ちと大袈裟な気もするが、確かにミルクに浮かんだゼリーも、そそられる。教会のステンドグラスのよう。

a0037241_2246444.jpg


 こちらは『ヨーグルトの夢

 ヨーグルトの夢……白い夢……。白昼夢? 写真がハート型なのもまた、泣ける。ハート型の涙が、ぽろり落ちてゆく(by吉川ひなの)。

a0037241_22463125.jpg


 フィーズで『ちょっこ小粋に

 桑名正博も言うように、「バイオレット」ってオトナ色ナンバー1ですよね。年上の女性とグラス傾け、色つきで艶つきな小粋ナイトを過ごしたいものです。「キレてないです」。それは、ちょっと小力。

a0037241_22471133.jpg


 『あなたのお好きな色は?』

 そう、オトナは色で選ぶ。味じゃないんだよ

 店を出て新京極を歩いていると、こんな店も。

a0037241_22473532.jpg


 『ヘタな標札屋

 この店、むかしっからあるよなぁ。京都は謙虚の美学、謙遜の様式、つまり「謙る(へりくだる)」を以て佳しとする街と言われているが、まさにそれを堂々と看板にて表明。新京極は、京都の表玄関だったのだ。本当にヘタなだけだったりして

 おみやげを探そうと、錦小路へ。ここは京野菜、京漬物、京菓子など「京の味」一斉集結スポット。四季折々の味覚が目でも味わえる、大好きな場所だ。

 おいしそうな漬物が樽いっぱいに積んであった。

a0037241_2249413.jpg


 養老漬け。大根がいい感じにしみしみになっていて、美味しそう。それだけにキャッチコピーも大胆。

a0037241_22492733.jpg


 『味の終着駅

 じゃ、これを食べたらもう、あがりだ。まだゴールしたくないので残念ながらスルー。


 そして選んだのが、おかきの店で売っていた、これ。

a0037241_22503777.jpg


 サンタクロースあられ。京都のサンタクロースは、さすが和風どすなぁ(吉村智樹

本日のお題

シャーペン、使ってますか?
回答は → こちらへ。

今週のお題

海外のアーティストだけで紅白歌合戦をやってみよう
回答は → こちらへ。

今週の動物

動物たちにセリフやフキダシをつけてあげてください。
回答は
 → こちらへ。

a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
おしゃべりポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらのサイトのTOPページからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-12-05 22:50

現実頭皮

 昨日は珍しく原稿が早く書き上がった。急に時間が空いたので、自転車で「枚方交野寝屋川線」という、通過する3つの市名すべてをねじ込んだ乱暴なネーミングの府道を走ってまわった。

a0037241_2227966.jpg


 ナイスビュー。いい眺めだ。

 この府道には僕の母校「東寝屋川高校」がある(出身者には、お笑いのFUJIWARAがいる)。高校の帰り道、いつもこの「田んぼ!」「山!」「空!」「鉄塔!」の4アイテムしかない寂しくも豊かな光景を眺めながら、恋について、性について、将来の夢について、空想をひろげていた。空想には、学校の勉強のことは微塵も浮かんでこなかったが

 寝屋川、やっぱり、いいところだなぁ。帰ってきてよかった……と、しばし思慕に暮れつつ自転車漕ぎつつ京阪本線「寝屋川市」駅前商店街に寄ってみたところ、ある美容室にこんな貼り紙が。

a0037241_22281588.jpg


 『毛穴はもう死んでいる

 ほっとけ! 何度かこのブログにも書いたが、僕がスキンヘッドにしているのは、頭がハゲているから。髪を剃りイミテーションハゲ面積を増すことによって、天然にハゲている部分を隠しているのである。

 最初にハゲたのは、ファミレスでバイトをしていた時だった。ヤクザに「コップにネギ入っとるやんけ!」と因縁を付けられ、店の床中、髪の毛を引っ張りまわされた。そして毛穴からごっそり髪が抜け、それ以来、そこから毛が生えてこない。そう、毛穴が死んだのだ。

 あの時、周囲の客はおろか、店のやつらすら誰ひとり助けてくれなかったな……って、思い出してしまったじゃないか! せっかくさっきまで寝屋川グッデイズの想い出にひたっていたのに。

 俺だって、本当はサラサラヘアをなびかせたかった。なびかせまくり、なびかせ倒したかった。サーファーカットや狼カットにしたかった。ロン毛のギャル男と呼ばれたかった。ある意味では確かに、ロン毛だが(ロンリーな毛)。

 ハゲにしたくてしてんじゃねー、ねー、ねー、ねー、

a0037241_2230132.jpg


 夕焼けに、僕の咆哮がこだました。それにしても寝屋川の夕焼けは泣けてくるほどきれいだな(吉村智樹

本日のお題

年賀状、どのように作成しますか?
回答は → こちらへ。

今週のお題

海外のアーティストだけで紅白歌合戦をやってみよう
回答は → こちらへ。

今週の動物
鹿
回答は → こちらへ。

a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
おしゃべりポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらのサイトのTOPページからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-12-01 22:30