<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クック盗


北新地を歩いたおりにこの看板に出くわし、僕は一気にトーサクの世界に引きずりこまれた。

a0037241_22585376.jpg


創作料理の店ならよく見るが、「盗作料理」とはおだやかじゃない。
岡本真夜をBGMにした上海料理の店か?

訊けば、オーナーシェフが名店と呼ばれる数多くのレストランに足繁く通い、舌で憶えた味を自分なりの解釈で調理したものだという。
それを堂々とカミングアウトするとは、なんという勇気。
ご丁寧に「当レストランの料理は創作に見えて全てシェフによる盗作料理です」という但し書きまである。
しかも店名よりも大きくだ(なんせ一瞬では、店名がどこに書かれているのかわからない)。

料理における「盗作」、これの線引きはとても難しい。
著作権がない世界なので(註・特許はある)、厳密には他店の味を再現しても盗作にはならない。
法では縛れないゆえ「道義」の概念で是非を問うことになる。

『美味しんぼ』にこんなエピソードがあった。

若い板前が中華料理店で、勉強のために素材や調味料をメモしながら食事をしていた。
これを見た中華料理店のシェフが「味を盗んでいる!」と激怒。
ここで「料理における盗作とは」という深奥な議論が巻き起こるが、両者譲らず一方通行に。
結局、山岡のはからいで、そのメモを参考にした新しい和食をご馳走したところ、中華のシェフはそのあまりのおいしさに感激。
すべてを許すこととなった。

これむろん美談だが、もしマズかったら、どうすんの? という気も。
つまり「味を盗むということは、相手のフィールドに決して損害を与えず、さらにとびきりおいしい料理を発明しなければ許されない」ということが言いたかったんだろう、山岡は。
知らんけど。

料理は先人たちの勇気と創意に溢れた「盗作」の歴史でもある。

たとえば日本人が好んで食べる洋食。
これは明治時代、フランス料理を勉強するために海を渡った料理人たちが必死でその味と技法を体得し、帰国して「ごはんに合うように」作り出したもの。
言葉が通じないフランスで、皿をなめ、鍋に残ったソースをねぶり、その味をしっかり舌に叩きこんだ。

こう書くとなんだか盗みっぱなしのようだが、煮込み料理が中心だったフランスに、素材をさっと湯通しして氷水でしめ色鮮やかにする技法を伝えたのは、往時の日本人たちだった。
料理の異種交配だ。
そんな先人たちの苦労をしのびつつ、おいしい料理を「パクリ」といただきましょう。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2010-04-18 23:00 | 大阪府

危険な情事 koneta

ミナミを歩いていたら、いきなり物騒な看板に出くわした。

a0037241_2229207.jpg


「食べるな危険!!」。

街でこれほど具体的に“危険”を感じたのは、いっときやたらめったらあちこちに貼られていた「魔ゼルな規犬」のステッカーを見たとき以来。

この看板、当たり前だが、食べたらアタる、といった意味ではむろんない。
朝挽いたばかり地鶏のおいしさを知ってしまったら、「トリ(×ラ)ウマ」になっちゃうよ~、といった軽いしゃれだ。
しかし僕のようにいつも哀しい気分でジョークが通じない人間には、「危険!!」と言われると、脊髄反射でついつい「鳥インフルエ……」とツイート、おっと、つぶやいてしまう。
頭の中がパンデミ……いやパニックになってしまうのだ。

僕はこの世でもっともうまい食べ物は、焼き鳥だと思っている。
そしてその考えは歳を重ねるごとにいっそう強固なものに。

ヘビ歳生まれだからだろうか、ともと鶏肉上等!な子供だった。
他の子供がペロペロキャンディーをなめているのに、僕だけ手羽先をかじっている写真が実家に残っているほど。

大人になると味覚が変わるというが、鶏肉への嗜好は変わるどころか強まった。
それはカウンターで焼き鳥を食べる楽しみを覚えたからだろう。

週末に焼き鳥屋のカウンターで、串をついばんでいると、常軌を逸した幸福感が襲ってくる。
焼き鳥を食い、梅酒ソーダをちびりちびりしながら、ケータイでインターネットのハシゴをする。
この至福の時間を得るためだけに鶏口にも牛後にもかしずいて働いているのだ。

しかしこの飲り方、実は危険と背中合わせ。
焼き鳥は串に肉の小片を刺した、ちまちました食べ物。
いくら食べても満腹感を得にくい。
さらにアルコールが入った状態でケータイをいじりネットの閲覧などを始めると、終わる、〆る、という感覚からどんどん遠ざかってゆく。

だから安いチェーン店であっても、会計の際にけっこうな料金にふくれあがっている。
それを見て、そういう祭りなのかと思うほどの量のトリ肌が立つことになる。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2010-04-17 22:29 | 大阪府

キッドナップブルース


街を歩いていると、「飼い犬のフンはちゃんと始末してください」「立小便するな」「ここに自転車置くな」「金返せ」といった、さまざまな警告看板が目に飛びこんでくる。
特に住宅地に多いのが「花を盗るな」という忠告だ。

日本では古来より「花泥棒は罪にならないという独特な考え方がある。
「桜の枝を折る人は、花の美しさに惹かれてそうしたのであって、とがめるものではない」といった意味を詠んだ和歌もあり、花を摘むことはむしろ風流だという考え方が根付いているのだ。
しかしそれはあくまで大昔の話であって、現在は窃盗と不法侵入があいまった大きな罪になる。

これは京阪本線「寝屋川市」駅へ向かう道すがらに見つけた立て札。

a0037241_081366.jpg


この「お願い」を書いた人こそ、風流人と呼ぶべきだろう。
花泥棒を頭ごなしに叱るのではなく、花を「花子」という小さな女の子に見立て懇願している。
そして「花を盗るのは誘拐レベルの犯罪だ」ということも、それとなく表している。
うまい。

しかしこの「お願い」が幼女嗜好傾向の犯人に可虐的なヨロコビを目覚めさせてしまい、逆効果なのでは? と、チト心配になる。

そして花壇を掘り起こせば、花子を誘拐しようとした凶漢たちのなきがらが……。
花子は彼らの栄養ぶんで、今日も蠱惑的なきれいな花を……。

「フフフ。だからぁ、『誘拐しないで』って、言ったじゃない」(花子)

吉村智樹へのメールはこちら
[PR]

by yoshimuratomoki | 2010-04-04 00:08 | 大阪府

リトル・シーバ koneta


同じ近畿地方にもかかわらず、大阪と京都は相容れない部分がある。
大阪の人間はすぐに「京都人は本音を話さない。腹黒い」と言い、対して京都人は「大阪は下品。そもそも大阪が関西の中心だなんておかしい」と譲らない。
これは語りつくしても解決を見ない、永遠のテーマなのだろう。

しかし、普段は仲たがいばかりしている大阪と京都をバロムクロスさせる、素敵な食べ物がある。
それが「しば漬け」だ。

おツユたっぷりなみずみずしい大阪・泉州産の水茄子と、京都・大原でとれた色鮮やかな紫蘇。
これがコラボし、表皮はぱりぱり、果肉はしっとりした最高のしば漬けができあがる。
水茄子は京都が好んで使う唯一の大阪食材かもしれない。

しば漬けのお茶漬けなんて、もうたまらん。
大阪の水茄子、京都の紫蘇と茶葉、滋賀県の良水、これに兵庫県播磨の海苔、和歌山の鯛が加われば最強のお茶漬けになる。
お茶碗のなかで近畿が平和協定を結ぶのだ。
山口美江もきっと喜んでくれるだろう。

こんな素晴らしいしば漬けだから、嬉しくって、

a0037241_18454019.jpg


つい作りすぎてしまうのも、無理ないのである。

……あ! 奈良県、忘れてた!

茶碗に盛ったごはんにプリッツを2本挿して、しば漬けで目鼻に見立てれば、♪あっという間に、せんとくん(見えない見えない)。

吉村智樹へのメールはこちら
[PR]

by yoshimuratomoki | 2010-04-03 18:46 | 京都府