コインロッカー・ベイビーズ

 こんばんは。カラオケで憂歌団の『10$の恋』とJohnnyの『百萬$BABY』を続けて歌い、「お前の恋、いったいいくらなんだよ」と言われた吉村智樹です。

 さっきテレビでやってたニュースを観て、驚いた。原油の値段が高騰し、カップラーメンが原価割れしているという。こりゃ大幅値上げ必至だな。金がない時に食べられるものが値上がりするのは痛い。そして、カップラーメンが石油製品であることを改めて知らしめられた次第。

 生活に余裕がない時、安くで食べられる店は本当にありがたいものだ。これは大阪市営地下鉄御堂筋線・堺筋線『動物園前』駅前で見つけたお店。

a0037241_142170.jpg


 おかずがどれも100円という、ありがたいお店。その名も百円食堂。ここまでは「ありがたいねぇ」(byアンタッチャブル山崎)で済むんだが、泣かせるのがキャッチフレーズ

a0037241_145557.jpg


せめて景気がよくなるまでのサービス

 そして、よく見ればシンボルマークとなっている100円硬貨には「平成八年」と書かれている。平成八年に開店したこの食堂は、いまも変わらず100円のまま。つまり景気は平成八年からいまだいっこうによくなっていないのだ。景気はよくなってほしい。しかし景気が良くなって千円食堂になられても困る。そんな二律背反に板ばさみ。

 正直、ライター業なんて毎日、百円玉かき集めてるような仕事だ。単価が低いから、鬼ほど働く。このままいまの路線で仕事を続けるか、それとも潔くいまの路線は捨ててトレンデイな方へ向かうか、どっちにしよう。百円玉ひっくり返して決めようか。(吉村智樹

■日記ブログ、ほぼ連日更新。exciteブログ『吉村智樹の原宿キッス』→ここをクリック
[PR]

by yoshimuratomoki | 2005-04-17 01:11