バッドテイスト

 これは『高田馬場』駅前の歓楽街で見つけた看板。

a0037241_0433793.jpg


 「まずい魚」だ。なんでそんなに自虐的なの? 自虐の詩をそらんじてるの? それとも正真正銘、まずい魚マニア専門店なのか?

 試してみようと思ったら、満員で入れない。ここ、超人気店だったのだ。こんなにも、まずい魚マニアがいたとは……。

 もちろん、そんなはずはない。毎朝魚市場で新鮮な魚を吟味している、たいへん美味しい店だという。ただここは飲食店街なので、少しでも目立つようにと、このキャッチフレーズをつけたのだそう。意外と宮内庁の役員も食べに来ているかも。

 しかし、まずい魚マニアは実在する。深海魚のなかには脂肪分がワックスのように凝固し、くどくてたまらんものがいる。ところがツウは、「こういう魚こそ、揚げ物や煮物、鍋にすると最高!」と珍重する。静岡県の戸田などは深海魚の寿司を出す店が多く、顔のまずい魚の深味にとり憑かれた人で行列ができるそうだ。

 そういえばいまは値段の高いマグロのトロも、かつては脂っこいという理由で捨てられていた部位だ。江戸前の寿司屋でトロが喜ばれるようになったのは、ごく最近のこと。「まずい魚」の専門店、意外と当たるかもしれない。別の意味で、あたったりして。(吉村智樹

■日記ブログ連日更新。exciteブログ『吉村智樹の原宿キッス』→ここをクリック
[PR]

by yoshimuratomoki | 2005-04-29 00:49