アメイジングキャラクターズ

 ゴールデンウイークを利用して、福島県を旅してきた。今月は当連載初のみちのくネタを多数紹介していきたい。

 JR只見線「七日町(なぬかまち)」駅前で、軒先がなんだかエラいことになっている美容室を発見。植木やら置き物、彫刻、ハンドメイド作品がびっしりひしめき、神秘の森と化している。

a0037241_22105465.jpg


 そのなかに、ドリーミーにも限度がある作品があった。これだ。

a0037241_2211228.jpg


 アンパンマンの上にドラえもん乗って空を飛んでいるという、夢のコラボレーション。マン・フィーチャリング・もん。声優が交代したのは知っていたが、設定もここまで変わっているとは知らなんだ。さすが優しくて力強いアンパンマン。重いドラえもんを背中に乗せても笑顔を絶やさない。ドラえもんも楽しそうだ。ていうか、お前タケコプターあるやろ

 反対側を見ると、こちらのドラえもんも他力本願な空中遊泳を楽しんでいる。

a0037241_2214215.jpg


 楽し過ぎて、少々イッてる様子。空にドラ焼きが飛んでるのを見つけたかな? それ、きっとUFOですから。ま、くれぐれも目ン玉の飛び出しすぎには注意してくれ。

 待てよ? どっちを見てもドラえもんの顔が。ドラえもんは、いったいどっちを向いてるんだ? というわけで真正面から見てみると、

a0037241_2214327.jpg


 うわ~。あかんあかんこれはあかんで~! なんか知らんけど、これはヤヴァイヤヴァイ! いや、これは作者(店長?)による「キョロキョロしている状態の具現化」だと解釈しよう。

 福島県はいにしえから馬術に長けた地だった。平将門が馬を使った軍事訓練を徹底し、その馬を神前に奉納する習わしがあった。いまも「相馬野馬追」の祭では、鎧兜に身を包んだ騎馬武者たちが街を練り歩く。東北地方で初めて西洋式競馬場が誕生したのも福島県。福島県と馬との結びつきは永くて強い。

 だから当地のドラえもんが、アンパンマンに馬乗りになっても、なんら不思議ではない……のだと、自分を無理やり納得させて七日町を離れた。

 しかし、こんなのまだまだ序の口だった。次に訪れた郡山で、さらに新メンバーが加わった狂おしいキャラクターの祭典を目の当たりにすることとなる。以下、次回。それまでバイバイキ~ン。(吉村智樹

■日記ブログ連日更新 exciteブログ『吉村智樹の原宿キッス』→ここをクリック
[PR]

by yoshimuratomoki | 2005-05-08 22:22