ビリー・アイドル

 いくつになっても、キャラクターグッズは「おともだち」だ。

 たれぱんだ、リラックマ、キティちゃん、ミッフィー、うさこちゃん(同じだよ)などなどファンシーなキャラクターたちが、子供のみならず大人の心をも癒し続けている。

 いや、大人こそ癒されていると言ってもいいだろう。ディズニーランドやサンリオピューロランドなど、大人どうしで来られている方がたいへん多い。僕は大分サンリオハーモニーランドに行ったことがあるが、来ている女性たちの目は、とろけそうなほどウットリ。日々の瑣事を忘れ、思う存分メルヘンの世界に向かって心の羽を広げていた。この人たちは涙ナミダな苦労話の波状攻撃映画『おしん』がサンリオ映画だってこと、とっくに忘れてるだろうな。

 ただ僕には残念ながら、そういったキャラクターグッズを愛でたり蒐集する趣味がない。うちにあるキャラクターグッズと言えば、駄菓子屋で買ったパチモンの、

a0037241_015433.jpg


 ピカチュウとドラえもんの、なれの果てだけだ。

 そんなこんなで(どんなこんなだ)先日、『千葉』駅周辺を歩いていたおり、旧い文房具店のショウケースに鎮座する一体の見慣れぬキャラクターを発見した。

a0037241_031654.jpg


 『ボクはアイドル君です.』

 アイドル君! お前、アイドル君かよ! 千葉県でアイドルって、小倉優子のライバルかりんこ?

 しかし、この見事なススケよう、灼けよう、こきたなさ、アイドルを名乗るにはいささかトウが立っているのでは。

 しかし最近はテレビでも堀ちえみや松本伊代、南野陽子など、往年アイドルのほうが現役アイドルよりも活躍している。再結成したピンクレディだって、コンサートはどこの会場でも超満員だった(ちなみに再結成は8回目)。キャラクターグッズだって新品より、こういったヴィンテージ(?)のほうが値打ちがあるのかもしれない。これはホビー界で相当なお宝かも。僕が知らなかっただけで。実際、非売品だし。

 しかし自らをアイドルと名乗るその度胸には、元祖キャラクターアイドルのスヌーピーも真っ青である吉村智樹)。

吉村智樹が無責任編集 おしゃべりWEBマガジン『日刊 耳カキ』。
 読んでね。投稿してね。メールもこちらからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2005-09-22 00:08