ドント・アスク・ミー・ホワイ

 以前このブログでは、『湘南台』駅前にある、こんな看板を紹介した。

a0037241_2117417.jpg


 『そばやかな?』

 そして、まるでこの看板に対抗するかのように疑問符を投げかけてくる看板を南海本線『泉大津』駅前で発見!

a0037241_21182718.jpg


 『ラーメン屋?』

 知らんがな

 そば屋といいラーメン屋といい、ヌードル業界はなぜかくも揃いも揃って小首をかしげているのだろう。

 とはいえ、確かに麺類は混沌とした状況にある。縮れているのである。では訊こう。ラーメンとは、なんだ? なにを以てラーメンと呼んでいるか、だ。

 かつては「麺にかん水を使っているのがラーメン」という定義があった。ところが最近では胃に負担をかけるかん水をいっさい使用しないラーメン店も現れてきている。つまりもう、ラーメンをラーメンたらんとするディフィニーションがないのだ。

 また日本各地には、ラーメンと呼ぶべきか悩んでしまう麺類がある。兵庫県を中心とした関西に存在する「黄そば」(きぃそば うどんだしに中華麺)、福島県にある「ラーうどん」(ラーメンスープにうどん)などREMIXRAMENがある。

 もはやラーメンはヌードルバーグの時代に突入しているのだ(吉村智樹)。


吉村智樹が無責任編集 おしゃべりWEBマガジン『日刊 耳カキ』。
 読んでね。投稿してね。メールもこちらからお受けしております。

  ▼ このブログが本になりました! ▼

a0037241_641226.jpg


 ブログ未発表コラム&未発表写真もたっぷり200連発! みうらじゅんさんとの対談、パラパラ漫画もついて、たったの880円! 『吉村智樹の街がいさがし』(オークラ出版)。全国の書店にて発売。またAmazonにて購入できます
[PR]

by yoshimuratomoki | 2005-11-15 21:22