今さらジロー

 僕は100円ショップのハードユーザーだ。

 仕事に煮詰まると、たいてい近所の100均に行ってはオトナ買い(700円くらい)して憂さ晴らし。差し迫った理由もないのに携帯電話ホルダーやらなわ跳び用の縄やら買ってきては、事務所に戻って「なんでこんなものを買ったんだろ」と自己嫌悪。仕事はさらにグツグツ煮詰まってくる。
 せっかく買ったので携帯電話ホルダーは鞄につけたけれど、肝心の携帯電話はしょっちゅう事務所に忘れてくるし……。なにもホルダーしてない。もう100円以下ですわ、オレ。

 いらんもん買いする癖、忘れ物をする癖、子供の頃からずっと続いている。一時期は手のひらに「今日は無駄遣いするな」と油性マジックで書き込んだりもしたけれど、その書き込んだ文字を見るのを忘れ、また同じ過ちを。もうこの癖は、治らないんだろうな、いまさら。

 そんな自分の悪癖を見透かされているかのような店に出くわした。東京メトロ丸ノ内線『茗荷谷』駅を降りたら、こんな100円ショップを見つけた。

a0037241_1928463.jpg


 『100円ショップ IMASARA

 一瞬、「松田聖子の娘?」と思ったが、違った(ぜんぜん似てないやん)。い、いまさら……。ありおりはべり、いまさら……。

 やっぱり、IMASARA100円ショッププレイはやめられない! さっそく店に入り、食器を洗うスポンジやら小物入れやら、また買ってしまった(小物入れを買いすぎて、うちには『小物入れ入れ』まである)。

 レジの人に店名の理由を聴くと、「さぁ」。歳末ということもあってレジは長蛇の列。忙しいさなかだったので、訊くタイミングが悪かったか。それとも、もう何度も何度も訊かれて、「いまさら何を」ってことだったのかな(吉村智樹

吉村智樹が無責任編集 おしゃべりWEBマガジン『日刊 耳カキ』。
 読んでね。投稿してね。メールもこちらからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2005-12-24 19:30