ザ・メンズメンズワールド

 今回は、気にしなければ素通りできるネタだ。人によっては「これのなにが面白いの?」と思うかもしれない。ただ、ひとたび気になりだすと、もうその場から離れられなくなる深みがある。

 僕の住んでいる高円寺にある、某量販店のトイレ。そこにはこんな表示がある。

a0037241_21545140.jpg


 『紳士化粧室

 トイレのことを化粧室と表示している店は多い。特に珍しいことでもない。しかし、その前に「紳士」と書かれると、なぜか不思議なトキメキ、いや胸騒ぎを憶えるのは、私だけでしょうか。

 かくいう僕も、カミングアウトさせていただく。実は最近、たまに化粧をするようになったのだ。いやいや、ソノ世界に目覚めたわけではない。テレビの仕事でメイクさんから「吉村さんは眉毛に無頓着すぎる」と言われたのがきっかけ。

 僕の眉毛は中央に寄った部分だけ濃く、あとは薄くまばらに生えている。しかも左眉毛の真ん中にポツンとハゲがあるのだ(眉毛もハゲと呼ぶのかどうか知らないが)。「生え方にムラがあると印象がよくないし、運気が低下する」と言われ、さっそく眉毛を描く鉛筆みたいなものを買った。いまは眉ハゲの部分を黒く塗って外出するようにしている。紳士の身だしなみとして。

 しかし女性と違い慣れてないから、たまに塗りすぎて鬼瓦権三みたいになってしまう。外出先で鏡を見て、思わず「冗談じゃないよ~」とトイレに駆け込み、ティッシュで拭き消すこともしばしば。

 あ、トイレじゃなかった。紳士化粧室に(吉村智樹

吉村智樹が無責任編集 おしゃべりWEBマガジン『日刊 耳カキ』。
 読んでね。投稿してね。メールもこちらからお受けしております。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2005-12-29 21:57