サマースノー・サプライズ

 明日の夜、高円寺でトークイベントやります。もし空いてたら遊びに来てください。詳しくはこちら。→クリック

 つい先ごろまで大阪に出張していた。そして往復の新幹線で読んだ『にっぽん洋食物語』(小菅桂子著 新潮社刊 昭和58年発刊)という本が、すこぶる面白かった。

 トンカツを日本で初めてメニューに採りあげた洋食屋は、明治28年に銀座で開業した煉瓦亭。往時の日本は、文明開化の鐘の音とともに巻き起こった“ハイカラ”ブーム。まるで天ぷらのように豚肉に衣をまぶし揚げたそれは見た目にも珍しく、日本人の「洋」への憧れを絶妙に衝き、以来大人気店となった。

 しかし西洋料理(という名の日本料理)であるトンカツは、まだまだ一般には普及しない。まず、トンカツにかけるソースがない。トンカツは、おめかしをして銀座で食べる高級料理だった。家庭料理として定着するには、さらなる時間を要する。

 明治42年に出版された『四季毎日三食料理法』の「豚のカツレツ」の項には、このように書かれていたという。

「それからこの揚物には、ウスターソースという西洋の醤油をかけるのですが、もしウスターソースがないときは、日本の醤油に粉唐辛子を少し加えまして、一度沸かして日本酢をさしたものを代用してもよろしいのです」
「つけあわせには、大根おろしを添ゆるともっとよろし」
「このカツレツは三倍酢またはソースをかけて食するのです」


 そう、往時家庭ではトンカツに醤油や三倍酢をかけ、大根おろしを添ゆて食べていた

 これ、「あ!」とサプライズされた方、おられませんか?
 最近、大根おろしとポン酢でサッパリといただく「おろしトンカツ定食」がファミレスや定食チェーン店ではたいへんな人気だ。「おろしトンカツ」は、明治時代の頃のトンカツの姿。つまりトンカツは原点に還っていたのである。もしかしたらトンカツのみならず、日本人の心があの頃に戻ろうとしているのかもな……。

 昭和58年に発刊されたこの本は、こう顧みている。

大根おろしや三倍酢でカツレツをたべたら、果たしてどういう味になるか……カツレツとはそういうもの、と思ってたべていた当時の人々にとっては、それが西洋の味だったかもしれない

 そして僕は、さらにこの本が世に出た昭和58年を顧みて、こう言う。

 「いや、けっこうウマイって! いっぺん食べてみって!」

 なんだかトンカツの船に乗り、平成~昭和~明治と、時空の旅に出たような気持ちになった。

 あーおもしろかったと本を閉じ、近鉄大阪線・奈良線『布施』駅前の商店街をぶらぶら。すると、こんな驚きのトンカツ屋を発見。

a0037241_2226409.jpg


 『サプライズ&とんかつ

 サプライズ・アンド? 『天ぷらサンライズ』という歌は聴いたことがあるが(谷山浩子)、こちらはサプライズとんかつだ。「サプライス」と「とんかつ」の語感のギャップは、チャゲ&飛鳥なみ(どっちがトンカツかは訊かぬように)。確かに明治時代の人々にとってトンカツは驚きの逸品だったろうが、いくら美味しくても、いまはそんなにサプライせんぞ?

 トンカツのいったいなにがそんなにサプライズなんだろう。

a0037241_22273160.jpg


 うむ。「OPEN」のところに所ジョージがいるのはちょっと驚いたけど、あくまで普通だ。フツーだ。ムシューダ……ん? んんん?

 サ、サプライズだー!

a0037241_2229353.jpg


 なんとメニューに「流しそーめん」が!(しかもコーヒー付き。しかも家族揃って)。

 店内で、いったいどうやって流しそうめん? 炉端焼き屋みたいに、いきなりカウンターから竹を渡されるのだろうか。「お客さん、早く食べないと、そうめんが流れていっちゃうよ!」「あわあわ」

 確かにサプライズした。トンカツと大根おろしはもはや珍しくないが、トンカツ&流しそうめんは文献にもない

 これは試してみなければ、と店に入ろうとしたが、残念ながら、もうお腹いっぱい。実はこの店を見つける前に、もう別の店でトンカツ食っちゃったのである。だって、本を読んでたらあまりに美味しそうで、我慢できなかったから……。

 というわけで次の大阪出張のおりに、このサプライズそうめんの謎を探って参ります(吉村智樹


日記ブログ、ほぼ毎日書いてます。特にサプライズな内容はありません。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


a0037241_23524263.jpg


本日のお題「もうすぐタバコが値上げ! どうする?
回答は → こちらへ。

●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらから受け付けております。
*メールアドレス変わりました。
[PR]

by yoshimuratomoki | 2006-06-22 22:28